テクニカル指標

 FXで重要なテクニカル指標ですが、二つの種類があって、ひとつはトレンド系指標と言われるもので、順張り系指標ともいわれ、トレンドの方向性を判定するもの、もう一つのオしレーター系指標は逆張り系指標とも言われ、過去の値動きから、今現在の価格が高いのか安いのかというkとを判定するものです。 このテクニカル指標を用いて、これまでの過去の値動きのパターンを把握して、現在の値動きのパターンを見比べたときに、パターンが似たような動きをしているというときは、まさに過去と同じような動きになるだろうと予想され、値動きの進み方を分析していくものです。

 この値動きの様子を把握することで、投資パターンを見分けることができるようになります。過去のパターンを把握して、現在に生かすというのが、投資上でのもっとも基本となる分析術ではないかと思います。 テクニカル分析で使うテクニカル指標のうちでも、上昇トレンド時、あるいは下降トレンド時に有効な指標であったり、横ばいのときに有効な指標とかいろいろパターンがあり、それらの長所、短所もあります。

 分析していくといろいろなことが明らかになり、この長所や短所をおさえ、パターンをしっかり把握していくと、確実に投資で資産を増やしていけるようになるようです。 なかなか簡単にはいかないようで、修行をつめば、だれでも投資で成功することが可能であるともいえます。