スタンダード・アンド・プアーズ

 金融用語の一つで、スタンダード・アンド・プアーズというのがありますが、これは、アメリカにある民間の有力債券格付け機関のことをいいます。 格付け機関とはどういうところかというと、ランク付けを行うところで、なんのランク付けかというと、債券の元利金が支払えることができるかどうかの確実性を比較検討して、ランクをつけるということです。

 スタンダード・アンド・プアーズと並んで、アメリカには、ムーディーズという大きな格付け機関があります。スタンダード・アンド・プアーズは、日本の大蔵省指定格付け機関の中にも入っています。 アメリカ式のやりかたで格付けしているやりかたは、日本起業の債券格付け審査の判断基準にもなっています。非常に影響力が大きく、債券の格付けが株価にすぐに反映するということもよくあります。

 まさに株式界のリーダーシップをとっていると言ってもよいでしょう。アメリカの代表的な株価指数を算出して発表していますし、これが基本の指標になります。 銘柄の価値もこの判断基準できまっていきますから、株を勉強するときには、ここから学習していくとよいでしょう。どんな銘柄を選んだらよいか、どんな推移になるかなど、参考になると思います。 株は難しいと敬遠しがちな人も、まずはどの会社が儲かって、株があがっているかなどをみていくと、意外に面白いものですよ。